行事

  • 冬

    早春の特別寺宝展

    2019年2月9日(土)〜11日(月・祝)、
    3月21日(木・祝)〜24日(日)
    午前9時〜午後4時まで
    ● 大人(高校生以上) 600円
    ● 中学生 400円
    ● 小学生 300円
    ◆ 特別拝観内容

    早春の特別寺宝展では、美人画の巨匠 上村松園画伯の奉納秘蔵絵画「多から舩」や、桃山時代に描かれました「参詣曼荼羅図」(京都府指定文化財)、江戸時代初期の「熊野観心十界図」、を公開。江戸時代(元禄二年)法橋院達作の小野篁・冥官・獄卒像や、重要文化財であります「薬師如来像」、篁作の「閻魔大王像」、室町時代の院派の彫像 地蔵菩薩坐像や近年10世紀頃の作と判明した「毘沙門天像」、小野篁卿の「冥途通いの井戸」と「黄泉がえりの井戸」を公開いたします。

    ◆ 御朱印の授与

    「早春の特別寺宝展」をご拝観いただいた方には、
    期間限定にて六道珍皇寺に御座す仏さまの霊験を表す
    「珍皇寺参詣曼荼羅地金紙墨書御朱印」

    の他、あわせて「紅葉紙金泥御朱印」、「紺紙金泥御朱印」の授与も致します。
    ※御朱印は「早春の特別寺宝展」の拝観者のみへの授与となります。

    ◆ 朱印帳墨書の授与

    本尊「薬師如来」「医王殿」の墨書を、御朱印帳に授与させていただきます。

    六道珍皇寺の御本尊である薬師如来(重文)は、正式には「薬師瑠璃光如来」と言い、東方極楽浄土に座している如来と伝えられています。右手は施無畏印を組み、左手には如来の中でも唯一、薬壷(やっこ)という法具を持っています。
    病気を平癒し、身心の健康を守ってくださる現世利益の仏様である事から「大医王仏」という名前でも有名です。この大医王仏をお祀りするお堂を古くから「医王殿」と申します。
    本尊墨書「薬師如来」「医王殿」の御朱印
    ◆ 御朱印帳の授与
    朱印帳


    期間中は「六道珍皇寺オリジナル朱印帳」を授与いたします。
    当寺を代表するものとして、熊野観心十界図を背景として、小野篁卿を表紙にしたものと、閻魔大王を表紙に誂えたものの2種類がございます。


  • 拝観案内 京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595 TEL・FAX 075-561-4129
  • ページトップ